noimage【その他】
個人情報や黒歴史が誤って検索結果に出てしまう人はやってみよう。

しかしGoogleの検索結果のページタイトルやその説明文(例として図1の赤枠の部分)の部分に、都合の悪い情報が載ってしまうと困りますよね。

自分の個人情報はもちろん、ハンドルネームや本名で検索して黒歴史が検索結果に出たりしたら大変です。(載ってしまう理由はいろいろあると思いますが。。。)

01
図1:ちなみに"同人ゲーム・ニュースフラッシュ"はこのサイトの名前です。


そんな時どうしたらいいのでしょうか。Googleの説明では、
Google の検索結果に表示されるサイトを管理しているのは、Google ではなく、そのサイトのウェブマスターです。Google のインデックスには、ウェブ上のコンテンツが反映されています。ページを Google の検索結果から削除しても、ウェブから削除されるわけではありません。したがって、ユーザーはそのページに直接アクセスするか他の検索エンジンを経由すれば、コンテンツを見ることができます。

したがって、好ましくないコンテンツを公開しているサイトが見つかった場合に、ユーザーができることは次のとおりです:
・ウェブマスターに連絡して、問題のあるコンテンツの更新または削除を依頼します。
・該当する法的機関に連絡して、そのコンテンツをウェブから削除します。

変更が行われると、Google が次回そのサイトをクロールしたときに Google のインデックスが更新されます。このクロールまでの間、短期間ですが、古いコンテンツが Google の検索結果に表示されることがあります。これに該当する場合は、そのページのキャッシュからの削除を依頼することをおすすめします。
(by自分が所有していないサイトのコンテンツを削除する

Googleのインデックスから削除しても、直接アクセス又は別の検索エンジンを使えば見られるというのは当然として。注目するのは後半の文章です。

要するに、問題のページが無くなっている変更されていて、検索結果に表示されるのが古いコンテンツになっているならば、Googleにキャッシュの削除申請が出せるわけですね。
キャッシュの削除申請を行うと検索結果の説明文(図1の赤枠)を非表示にできます。なので、今は存在しないページが検索結果に出て、その説明文に都合の悪い情報が載ってしまっている方には朗報です(掲示板とか黒歴史HPとか)。

あと、Yahoo検索も現在はGoogleの検索エンジンで動いているので、Googleのキャッシュが削除されればYahooの検索結果からも消えます。

次に実際に削除する手順を紹介します。
まずGoogleアカウントにログインしてGoogle削除リクエストツールにアクセスしてください。アカウントを持っていない人はアカウントを作成より取得してください。
02
図2:Google削除リクエストツールの画面


図2のような画面が表示されたら、"新しい削除リクエスト"をクリックしてください。
03
図3:新しい削除リクエスト


図3の入力フォームに、問題のページのURLを入力してください。ここでは例として図1のページのURLを入力します。このとき、問題のページが存在しなければ(404)、"削除の種類"が"古いページを削除"になってリクエスト申請が完了します。問題のページが存在して変更されている場合は、図4の画面になります。
04
図4:キーワード入力画面


実際に例として挙げているページに行けばわかると思いますが、このページは既に変更されているので、図1の説明文(赤枠)には表示されていて、現在そのページには表示されていないキーワードを入力します。

この場合は、"C80に頒布が予定"等がキーワードになります。"同人ゲームの一覧"は、現在のサイトのタイトルに"同人ゲーム"という単語が含まれているため、キーワードにはなりません。

キーワードを入力し終えると、"削除の種類"が"古いキャッシュを削除"になりリクエスト申請が完了します。あとはGoogleが実際にキャッシュを削除するのを待つだけです。申請してから約半日~1日くらいでリクエストが実行されるようです。キャッシュ削除の場合は、次回のクロール時に説明文(図1赤枠)が更新されます。

最後に注意点として、この方法は問題のページが削除されているか変更されている場合にしか使えません。そうでない場合で、あなたが問題のページの管理人でない場合は、まず問題のページの管理人に削除依頼を出してください。また例にもあるように、ブログの場合は問題の記事が削除されていても、Googleにはページが変更されたとしか認識されないので(404でない)、キーワードの入力が必要です。

あと、この方法は結局検索エンジンの古いキャッシュを削除しているだけなので、もちろん悪用はできません。(と思います。。。)

詳細は以下を参考にして下さい。
Googleへの削除リクエスト方法